HOME>記事一覧>制服を着ているかどうかによって警備の仕事は異なります

目次

制服着用の警備の仕事

警備員

制服に身を包み凛とした姿で仕事をするのが、一般的な警備員です。ショッピングビルや百貨店、テーマパークなどを巡回して何かトラブルがないか注意深く観察します。不審者や酔っ払いなどを発見した場合は、適切な対応をして治安を守ります。夜のオフィスビルや工場などにも、警備員が駐在することが多いです。夜間は空き巣などにねらわれる可能性もあるので、注意深く観察しなければなりません。制服を着た警備員は、堂々とした姿で不審者を警戒させる目的もあります。街の市民や働く人々、買い物客などを守る正義溢れる仕事と言えるでしょう。

私服警備の仕事

警備員の中には、私服警備員と呼ばれる種類のものもあります。私服警備員とは言うなれば、万引きG面などが当てはまります。私服警備員の特徴は、見た目は一般の人と同じ服装であることです。身を隠すようにして不審者を注視して、何事も起きないように見回る仕事です。万引きG面のような仕事の場合は、制服を着ていると警備員とばれてしまいます。そのため私服で一般客に交じって、こっそりと巡回するのです。万引きや盗撮などの不審者を見つけたならば尾行して、現場を押さえます。その後事務所に連れて行き、身元を確認します。

広告募集中